銀行ごとに定められている利用条件には注意をしたい

銀行は消費者金融とは貸付に関するルールが異なりますが、全ての銀行が一括りで共通の貸し付け条件を設けているわけではありません。銀行ごとにそれぞれ利用条件を定めており、条件を満たせない方ではカードローンの利用はできずに審査落ちとなってしまいます。

 

一般的に金利が低い銀行ほどカードローンの審査も厳しくなるとされていますが、そもそもの申し込み条件に関してはそうともいえません。例えば自身で収入を持たない専業主婦の方は、審査基準が銀行よりも低くなる消費者金融では申し込みが難しいですが、より金利が低くなる銀行では配偶者の安定した収入で申し込みができる場合があります。

 

ただ、これも銀行による部分が大きく、金利面ではそこまで大きな違いは無いメガバンク3行のカードローンを見てみても、三井住友銀行は専業主婦の利用は基本的に不可となりますが、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行のカードローンに関しては専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば利用を可能としています。

 

銀行で借りるカードローンは人くくりにするのではなく、それぞれの銀行が定める利用のための条件を申し込み前にしっかりと確認しなければなりません。利用条件を満たさない申し込みは無駄に終わってしまうので、余計な申し込みを増やさないためにも銀行カードローンのそれぞれの利用条件に関しては、しっかりと確認をする癖をつけておくと良いでしょう。

 

また、上に挙げたみずほ銀行カードローンは二つのプランが存在し、それぞれのプランで金利が大幅に異なるため注意が必要です。申し込み時にプランが選べるわけではなく、あくまでみずほ銀行カードローンの審査結果によって決まりますので、申し込みを進めるのであればまずはみずほ銀行カードローンの基本について、しっかりと見ておきましょう。